2017/05/15

野球部


若き立教健児、9安打放つも悔しい完封負け

◆平成29年度東京六大学野球フレッシュリーグ◆
5月14日 対早大 明治神宮野球場

2

3

4

5

6

7

8

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

1

0

0

0

1

×

2

(立)●平尾、洞口、櫻庭―佐藤揮
(早)榎、○今西―重田 


勝ち続けていた立大フレッシュチーム。先発投手は、先週勝ち星を挙げた平尾(社2=掛川西)。しかし、今日はボール先行の苦しい投球が続いた。打線も早大投手陣を前に打ち崩せず、フレッシュリーグ初めての黒星を喫した。

打撃でもリードでもチームを支える佐藤揮(済2=清水東)
先発平尾はコントロールが乱れ、追い込んでも惜しいところで四球になってしまう。なかなか流れが引き寄せられない中での厳しい登板となった。打撃陣は初回から毎回安打を続けるが、チャンスをうかがうも打線がつながらない。走者を出しても相手ピッチャーにうまく抑えられて点が取れないもどかしい展開になってしまった。試合は、早大が好機を逃さず2点を入れ勝利。立大は天気同様、寒い試合となってしまった。

試合が思わしくなくとも、チームの明るさは変わらなかった。ベンチから打席に立つ選手に向かっての掛け声や、イニング間の円陣など、これからの希望が持てる場面が随所に見られた。フレッシュリーグの優勝に向け、一戦一戦臨んでいくのみだ。

(5月14日・関根綾香)




内野安打で快足を飛ばす冨永

次は俺だ!輝きを放ったフレッシャー
本日の試合で、4安打を放った冨永(コ1=桐蔭学園)。うち、2本は内野安打という俊足ぶりを見せた。今日は打撃での大健闘だったが、実は守備が好きだという。全ての打球が自分のところに飛んでくると考えながらプレーする守備職人が目指す選手は、巨人で活躍した故・木村拓也氏。冨永は、「打てる選手ではないので、まずは守備をしっかりして、それから打撃でも守備でもチームに貢献できるようになりたい」と自分のことを分析しながら目標を語った。神宮でのプレーは気持ち良かったそうで、今後、立大内野陣を脅かすような存在になることを予感させる。







◆コメント◆
4安打の固め打ちをした冨永♯23

「(4安打に関して)場面は関係なく、バットを内から出そうということをずっと取り組んできたので、それだけを意識して打席に立ちました。高校と大学では野球は違っていて、大学では自主性で自分がやらなくては落ちていくものなので、そこは意識して練習しています。立大には先輩の笠井さんがいて、六大学に入りたかったので選びました。」






 

 

選手名

学年

出身校

打数

安打

打点

(中)

上野 貴裕

コ2

市立船橋

(二)

 冨永 魁

コ1

桐蔭学園

(左)

三井 健右

コ1

大阪桐蔭

江藤 勇治

済2

東海大菅生

(一)

鷲津 澄

現2

世田谷学園

(捕)

佐藤 大揮

済2

清水東

(遊)

林中 勇輝

コ1

敦賀気比

打遊

山岸 哲也

観2

日大鶴ヶ丘

(右)

高岡 昇平

済2

長崎西

(三)

敷名 丈弘

社1

神戸国際大附

打三

澤田 俊一

営2

八戸学院光星

(投)

平尾 直也

社2

掛川西

長谷 寛太

コ2

報徳学園

洞口 敬太郎

コ1

日大三

佐々木 良介

コ2

仙台育英

櫻庭 勇貴

済2

市川

 

 

 

 

32

 

 



立大メンバー表
27長谷報徳学園14秋葉山形中央
11櫻庭市川23冨永桐蔭学園
16清水立教新座澤田八戸学院光星
19平尾掛川西13敷名神戸国際大附
17藤原立教池袋江藤東海大菅生
15村山柏崎山岸日大鶴ヶ丘
21洞口日大三林中敦賀気比
22井木立教新座上野市立船橋
12佐藤揮清水東勝海新潟明訓
29狭山ヶ丘28高岡長崎西
24竹葉龍谷大平安栁澤野沢北
佐々木良仙台育英三井大阪桐蔭
25鷲津世田谷学園

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【バレーボール部】鮮やかなストレート勝ち 開幕3連勝!(5月15日) | 戦評一覧 | 【ホッケー部男子】新体制で見せた初勝利(5月15日) »