2017/05/15

ハンドボール部


ラスト13秒の悲劇。掴み損ねた白星

◆平成29年度関東学生ハンドボール連盟春季リーグ戦◆
  5月5日 対国士大 日大八幡山総合体育館アリーナ


平成29年度関東学生ハンドボール連盟春季リーグ戦 第6戦
立大
31
17-15
32
国士大
14-17

シュートを放つ玻座真

  前日、早大戦に敗北して迎えた国士大戦。現在、中位から最下位まで勝ち点差が約1点の大混戦。下位に低迷する日体大、東海大も初勝利を挙げたため、立大は自力残留の為に何としてでも勝たなければならない。試合は序盤、高身長の代表選手を抱える相手に奮闘を見せ、今シーズン初めて前半をリードして折り返すなど、理想の展開に。しかし迎えた後半、シュートミスがじわじわと点差に滲み出て、紙一重の差で勝ち切れず敗北を喫した。

   
ナイスセーブを見せた谷
リーグ戦を通して、オフェンス面での課題を口にすることが多かった選手達。そんな状況の中、前半立ち上がり、流れを掴んだのは立大だった。ゴール前で黒島(営4)のパスを受けた小川(済2)の得点を皮切りに、下地(コ3)のゴール、昆(コ4)のサイドシュートなど着実に点差を離していく。そして最近出場機会を増やしている玻座真(コ2)もしっかりとゴールを決め、起用に応える。守ってはキーパー谷(済3)のナイスセーブもあり、一時は最大5点までリードを広げた。だが国士大も反撃を見せ、23分には1点差まで詰め寄られる。逆転を許してしまいそうな展開の中でもキーパーのセーブが光った。荻原(コ2)のセーブにより追撃を食い止め、17-15と今季初リードして前半を折り返す。
 
   後半も1点差まで詰め寄られる展開となるが磯田(営3)、昆などのゴールで点差を広げ、優位に試合を進めていく。中盤、パスミスやシュート精度が落ち始め12分、この試合初めて追いつかれた。たまらず立大はタイムアウトを取り、一呼吸置く。ここから一進一退の展開で進んでいく。得点は取れるが同点まで「あと1点」が遠い。ようやく、28分、小川のゴールで追いついた。終了まで時間は残りわずか。必死にゴールに向かって走り続ける立大。29分、国士大に決められ残り1分。ここで黒島が残り15秒で同点ゴール。あわよくば勝ち、最低でも引き分けに持っていきたいところ。リスタートからラスト13秒、国士大に得点を許し31-32となる。ラストチャンス、ファールを得て下地がシュートを放つが決まらず敗北を喫した。

 試合後、キャプテン昆は「やりたいことはできた」。と振り返った。ゲーム内容は悪くはないが、勝ち切れないチーム状況である。次戦、立大より1つ順位が上の日体大とのゲーム。勝てば勝ち点差が詰まり、自力残留が近づいてくる。残り3戦、立教らしさを見せ勝利を掴み、喜ぶ姿に期待したい。
 
   
(5月12日・槙本大将)

◆コメント◆
#20 昆
―今日の試合を振り返って
最初に対策することを決めて、高く出続けるとか、オフェンスは粘って粘って最後マンマークが出来るまで粘ってやろうというのを60分間徹底できて、次のゲームにつながると思うので、負けちゃったんですけどすべてがすべて悪かったわけではないです

―初めてリードして折り返しましたが
特別変えたことは無くて、前半やったことを後半も継続してやろうということを話しました

―試合の中で徹底したことは?
ディフェンスではひたすら上で、相手に走りこまれないようにしてプレスしてプレッシャーをかける。オフェンスは相手選手が大きいのでクイックで上から打ったりするのではなくて粘って全員でつなごうという意識でやりました

―この2連戦を振り返って
東海とか日体とかが勝ち星を挙げていて、自分たちも勝たなきゃいけないところだったので悔しいです。でも、いつも通り一戦一戦向き合ってやった結果が今日の1点差だったんですけど、つながったと思うし内容は悪くはなったと思います



#8  比嘉栄
―今日の試合を振り返って
試合をする前にチームで決めていたことは60分間徹底して出来たのは良かったのですが、最後の詰めの部分であったり、要所要所でのシュートが相手より甘かった結果がこういう結果に繋がったと思います

―高さのある相手をマークしていたが、どう対策をしたのでしょうか
何回か対戦したことがあるので、その時から自分のマークだったので、特別な対策はしていないのですが、いつも通りに守ろうという感じでした。

―今日はマークの相手にやりたいことをあまりやらせていなかったように見えましたが
前半はあまりやらせていなかったのですが後半に僕がマークの時だったり(自分が)出ていない時にマークに付いた人がやられた。後半にやられたのでそこは反省です



#3 玻座真
―今日の試合振り返って
昨日の試合はシュートをめちゃくちゃ外しちゃって、勝てる試合だったんですけど落としてしまって、今日の試合はシュートを確実に決めようということでチーム一丸頑張ってやりました

―今日の自身の活躍については
昨日、3本とも外してしまったので今日は決めれて良かったという気持ちです

―今リーグから試合に出場する機会が増えましたが、リーグ戦の感想は?
去年は4年生の先輩にポストの先輩がいたので、今年はポストの先輩もいるけど、とにかくチームに貢献できるように頑張っています

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.