2017/06/05

サッカー部


見事勝利!2試合連続無失点

◆平成29年度 第50回東京都大学サッカーリーグ戦 【1部】◆
  5月28日 対一橋大 立教大富士見グラウンド

第50回東京都大学サッカーリーグ戦1部【前期】

立大

0-0

一橋大

2-0

得点経過

井上
佐藤誠

72分

87分




前節、山学大に1-0で勝利し連敗を食い止めた立大。今節の相手は昨年2部から昇格し、今勢いのある一橋大。4位に浮上するために負けられない一戦だ。太陽が照り付ける中試合は始まった。

パスを出す今節初スタメンの1年大塚
試合序盤から立大のペースで試合が進んでいく。開始直後3分、植木(法4=桐光学園)が正面からシュートを放つがGKに得点を阻まれる。26分には植木(法4=桐光学園)が出したパスを受け取った宮城(コ4=那覇西)がシュートを打つがこれもGKの正面でセーブされてしまう。その後も立大はボールに食らいつきゴールに迫っていく。36分、CKから井浦(済2=東久留米総合)が頭で合わせるも惜しくもゴールとはならず。終盤の43分、相手のDFを突破した植木(法4=桐光学園)がシュートを放つもGKに止められてしまう。最後まで果敢に攻め何度もチャンスを作る立大だったが、ゴールへの決定機を掴み切れず、無得点で前半は終了した。

後半も立大は勢いを保ったまま優位に試合を運んでいく。序盤、相手に左から攻め込まれクロスボールを上げられそうになるが斎木(コ4=横浜FCY)がこれを阻む。54分には左サイドから佐藤誠(社2=前橋育英)がドリブルで相手の陣地へボールを運ぶがシュートまで持ち込むことができない。そこで64分、立大は交代カードを3枚切り、植木(法4=桐光学園)、斎木(コ4=横浜FCY)、宮城(コ4=那覇西)がさがり、吉澤(コ3=都立駒場)、戸澤(コ3¬=正智深谷)、吉田(コ2=JFAアカデミー福島)が入り、先制点を奪うべく仕掛けていく。そして遂に72分、CKで今節初スタメンを果たした大塚(営1=前橋育英)が上げたボールに井上(法3=桐光学園)が頭で合わせ、待望の先制点を決めた。勢いに乗る立大はさらに87分、井浦(済2=東久留米総合)からパスを受け取った佐藤誠(社2=前橋育英)は右サイドから鋭く打ち込みゴールネットをゆらす。2ゴールを決めこのまま無失点で終えたい立大。ロスタイム、相手にCKのチャンスが訪れるがゴールを守り抜き試合は終了。

多くのチャンスを作り出したものの途中までなかなか得点につなげることができなかった。しかしここで終われない立大は後半で見事2得点を獲得し、前節に引き続き無失点で試合を終えた。次節は全勝中で首位の東経大。立大にとって山場となる大事な一戦である。この勢いのまま次節も勝利を掴んでほしい。
(6月5日・蜂須賀 実樹)


◆コメント◆
#66 井上瑠寧(法3=桐光学園)
立大は一橋大より順位が1つ下で、上に行くためにも勝たなくてはいけないという中だったので難しい試合でした。前半はスコアレスで折り返してチャンスがあった中で決めきれないことは課題でもありますが、焦らず落ち着いて後半に臨めるような準備を、ハーフタイムにすることが一番大事だと思い後半に挑みました。去年が3バックで守備的だったのですが今年は点を決めにいくため4バックにしているのですが、やはり守備としては0点で抑えることを目標としてやっていく中で、今6試合6失点でアベレージ1なので上に行くためには0点台に持っていくこが重要だと思っています。 次節の東経大は1位になるためには落とせないし、前に明学にも(立教は)負けて上のチームにどうやって勝つかっていうのが課題で、関東昇格戦でも去年当たって勝てていないので、勝利必須だと思います 。

#18 佐藤誠司(社2=前橋育英)
後半無失点で突入してしまいチームとしても自分としても最近点を取れてないので、改善していきたいですが今日はあの様な形で点を取れてよかったです。シュートは打とうと決めたわけではなく偶然でした。高校が同じだった1年の大塚がスタメンに出ていて自分が高校三年生の時にも、スタメンで出ていて久しぶりに一緒にプレーできて良かったです。高校の時からなのですけど、大塚は試合中によく僕のことを見てくれて、仲も割といいと思います。次節の東経大は全勝中ですが勝ちたいです。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【拳法部】悔しい幕開けに「いいスタートを切れた」(6月6日) | 戦評一覧 | 【ハンドボール部】入替戦で順大に敗北、2部降格(6月5日) »