2017/09/13

バスケットボール部


強豪相手に力及ばず

◆第93回関東大学バスケットボールリーグ戦◆
9月10日 対中大 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

第93回関東大学バスケットボールリーグ戦

立大

71

14-26
25-23

110

中大

13-30
19-31


リーグ戦が開幕し3戦、いまだに勝利のない立大。なんとしても勝ち点がほしいところだが、今回の相手は現在全勝中の強豪・中大。厳しい戦いを制することができるか。

3Pシュートを放つ#24根本
試合開始早々、中大に勢いよく連続で得点を奪われる。しかし#73吉田(済4)がファウルを受けながらもレイアップをねじ込み、バスケットカウントで3点プレーの活躍を見せる。その後も#20新屋(済2)がレイアップを決め逆転。ディフェンスでも24秒オーバータイムを取るなど攻守で良い流れを作る。#12高地(済4)がポストプレーでバスケットカウントを決めるも、中大に安定したシュートで着実に得点を奪われ、再び逆転を許してしまう。吉田がナイスブロックをさく裂させるなど好プレーがあるものの、得点までうまくつながらず14-26で第1Qを終える。。

 第2Q、吉田からのパスで#18木村(コ2)がゴールを決める好スタートを切る。その後も#24木口(法1)、#30根本(文1)が続けて3Pシュートを決め6点差まで詰め寄るも、相手からの失点を止められず12点差で試合を折り返す。

 後半に入り追い上げたい立大だったが、ミスが重なり開始5分で19失点を浴びさせられる。根本が今試合4本目となる3Pシュートで粘るもなかなか流れを作れず、第3Qを52-79で終える。迎えた最終Q、吉田を中心にゴール下でのシュートを連続で沈め、良い流れを見せるも逆転の起爆剤とはならず71-110で試合終了。

強豪の前に敗れた立大。昨日に引き続き惜しい展開をものにできず、悔しい敗北だった。なんとしても一勝がほしいところ、苦しい状況だがリーグはまだ始まったばかり。これからの彼らの健闘に期待したい。
(9月11日・三平敬太)
◆コメント◆
♯30・根本
――今日の試合を振り返って
うちが普通にやれば結構良い勝負ができたと思うんですけど、途中で気持ちを切らしてしまって一気に持っていかれたかなと思います。離された時に我慢できればいいんですけど。

――中大とそこまで力の差はないように感じたが
やっぱり自分たちがあと少しのところで我慢ができれば、昨日みたいな(日体大との)試合ができたと思います。

――チームの中での立ち位置は
「1年生だから、思いっきりやっていいよ」みたいなことを先輩に言われているので。やりやすいです。

――次の試合に向けて
4連敗しているのでひたすら一勝欲しいです。気持ち的にも一勝があればと思います。

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.