2017/10/12

ラグビー部


悔しさ残る白星!次こそは自分たちのプレーを!
◆平成29年度関東大学対抗戦◆
10月8日 対成城大 立大富士見グラウンド
モールからトライを決める山中(観3)
10月とは思えぬ澄み切った空の下行われた関東大学対抗戦第3試合。成城大との一戦は天候とは正反対の展開となった。

立大のキックオフで始まった前半。開始早々フェーズを重ね自陣を広げて果敢にトライを狙っていく。しかし、些細なミスでターンオーバーされ先制点を与えてしまう。反撃の口火は早々に切られた。10分に成城ゴールの前でラインアウトの好機を得た立大は、モールを形成しゴール直前まで押しこみ、ディフェンスの隙を突きNo.8増田(社4)がトライ。7-7と得点を並べ試合を振り出しに戻した。勢いに乗った立大は続く14分、成城ゴール前でのスクラムを生かし2トライ目を奪い14-7と逆転。このまま得点を重ね成城大を突き放したい立大だが細かいミスが頻発しチャンスを逃してしまう。また、成城大の厚いディフェンスをうまく攻略できず苦戦したものの、31分再び成城ゴール前でのスクラムからフェーズを重ねNo.8増田が3トライ目を決めた。終了間際に成城大に得点とペナルティーゴールを許したものの21-15とリードした状態で後半戦に突入した。

独走トライを決めるWTB藤原(法2)
前半の流れを一転させるために大きくメンバーを変え迎えた後半。開始からフェーズを重ねじわじわと陣を広げていた立大は7分、成城大のミスを逃さなかった。成城大のミスを突きSH山本(営2)を筆頭にフェーズを重ねゴール前まで攻め込みWTB藤原(法2)がトライを決め先制。26-15と後半良いスタートを切る。しかし立大と成城大の相性は互いに最悪。両校とも自分たちの得意な流れに試合が運べず、不満がプレーに現れペナルティーが増え始める。16分、3連続で成城がペナルティーを取られ、成城ゴール前まで攻め入る好機を得ると、19分にラインアウトからモールを形成し成城のディフェンスと共にゴールに押し込みトライ。33-15と点差をより広げた。その後は成城ゴール前までは果敢に攻め入るものの些細なミスを突かれ押し戻されてしまい試合はこう着状態に。格下の成城大相手にこれ以上点が落とせない立大は奮闘。そのかいあって、試合終了間際、成城のペナルティーによるスクラムという好機を得る。ラインアウトからモールを展開し成城ディフェンスと共にゴールに近づく。そしてHO荘加(法3)がトライ。最後の最後に5点をもぎ取り38-15で試合を終えた。

無事連戦連勝を守れたがそれぞれの選手に反省すべき点がたくさん見つかったこの試合。関東大学対抗戦も今試合で折り返し。立大の目標である「関東大学対抗戦Aグループ昇格」に向け白星を落とすわけにはいかない。次の東大戦まで1週間しかないが各々がしっかり調整し猪突猛進に連勝街道を歩んでほしい。
(10月10日 佐藤美櫻)
◆コメント◆
主将・福澤(観4)
─今日の試合を振り返って
内容が本当によくなかったです。勝ったことだけが収穫ですね。相手の勢いにこっちの気持ちが圧倒されました。
─来週東大戦に向けて
来週の練習のすべてが試合に出ると思うので、どれだけ厳しくクオリティーの高い練習を学生だけでできるかがすごく大切になってくると思います。それを変えるのが僕の役目だと思うし、自分が変わっていって引っ張っていきたいと思います。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.