2017/10/16

弓道部


昇格に向け、会心の勝利

◆平成30年度東京都学生弓道リーグ戦◆
10月1日 対電通大 工学院大八王子キャンパス弓道場
〇立大 109中 ― 85中 電通大●

一ノ立
一立 二立 三立 四立 五立
大前
(新海=法3)
15
二的
(小渕=社2)
(山見=法2)
落前
(章=法3)
14

(三浦=文2)
18
二ノ立
一立 二立 三立 四立 五立
大前
(渡辺=済1)
10
二的
(田原=済2)
15
落前
(酒井=営4)


13

(中里=コ4)
16
21 21 21 22 24 109



※リーグ戦は1大学から8人出場し、それを2チームに分けて戦う。勝敗は合計得点で決まる。
※皆中とは、一立で4本中4本的に中てること。


リーグ戦が始まって2連勝と調子が良い立大。今年こそ念願の昇格を果たすため、勝利を目指し電通大との戦いに挑んだ。

立大は一立目から三浦(文2)と田原(済2)が皆中を決めるなどして、21中と好調な立ち上がりを見せる。対する電通大も19中を当て、接戦の兆しを見せる。二立目も田原、中里(コ4)が皆中を決め、少しずつながらも確実に立大がリードを広げる。
 三立目は皆中こそいなかったものの、全員が安定して的に当てていき、ここでも21中を当てる。これに対して相手は少しずつ調子を落とし、17中。差は9中と、次第にリードは広がっていく。四立目では、新海(法3)、三浦が皆中を決めて、一ノ立がチームを引っ張る。立大は22中を当てたのに対し、相手は再び17中。差は14点まで広がり、少しずつ作った差は安全圏まで達した。しかし、そんな状況でも立大は気持ちを切らさなかった。チーム全体で集合し、いつものようにやるべきことを確認しあい、五立目に向かった。五立目では、再び新海と三浦が皆中を決め、負けじとほかのメンバーも次々と的に矢を中てていく。結果的に24中を当て、気持ちの良いチームの快勝につなげた。

終始リードを保ち勝利した立大。プレーだけでなく、仲間の積極的な声かけなど、チームとしてのまとまりを感じられた。この勝ち方は次の最終戦にもつながるだろう。昇格に向け、最後のひと踏ん張りだ。

(10月7日・上田颯人)
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.