2018/02/05

陸上競技部


「力試し」の埼玉県駅伝で目標達成できず 春合宿で巻き返し誓う

◆第85回埼玉県駅伝競走大会◆
2月4日 さいたま新都心〜熊谷スポーツ文化公園

襷を渡す1区の栗本(左)と増井
Aチームのメンバーでオーダーを構成し臨んだ埼玉県駅伝において、立大は2時間15分08秒をマークし一般の部において4位、全体では9位でフィニッシュした。立大としては例年以上の順位・タイムを出すも目標の「一般の部で3位以内」、「全体で6位以内」には及ばなかった。各々の調子の歯車が噛み合わず、更に3区でエース・中村(現2=川越東)がまさかの失速。後の区間も援護できなかった。
満足度の低い選手が多かった。2位で襷を繋いだ1区の栗本(社2=立教新座)は「1週間前からどうにか今日に合わせたけどタイムがダメで…」と今季の不調を嘆き、「この時期に全員の調子を合わせるのは難しいと思った。今日のチームは主力で組んでるから、(結果を受けて)頑張らなければいけないと思った」と厳しい結果を受け止めた。
3区の中村(右)を川内(埼玉県庁)が追う

特に陰りが見えたのはチームの主軸だった。本大会で最長区間(12.1㌔)の3区を担った中村は区間10位という結果に「最初からスピードが体に乗らなかった。(学生ハーフでの関カレ標準切りについては)今の感じでは厳しいかもしれない」と苦い表情を見せたが、「前回の箱根予選会でも1ヶ月前までは調子が悪かったが調整でうまくいった。今回も頭を使って考えてやっていけば可能性はある」と強く話した。

4区の嶋
唯一表情が晴れやかだったのは2区の区間賞に輝いた増井(営1=立教新座)だ。「設定していた9分半という目標通りいけてよかった。(区間賞については)前の選手を抜かすことがなかったので実感はありませんが、純粋に嬉しい」と満足そうにした。
5区の加世田(右)は最終区の渡邉へと襷を繋ぐ

長距離ブロックは今月の11〜15日にかけて千葉の富津で春合宿を行う。本大会で「あらを出し切った」状態で臨み、チームのギアが数段階上がることに期待したい。
(2月5日・小西修平)


◆コメント◆
1区の栗本一輝

「ずっと調子が悪い日々が続いていて、特に悪かった1週間前からどうにか今日に合わせましたが、タイムが良くありませんでした。例年この時期は怪我をしていて走れていないので、合宿前に刺激できたという点では良かったかと思います。学生ハーフでの関カレ標準切りは今のままではきついですが本当に狙っていきます。自分はハーフマラソンでしか関カレの出場は狙えないので。」

2区区間賞の増井大介
「去年の11、12月から好調を継続させることができている実感はあります。学生ハーフではチャレンジ精神を持って走って、春先に向けては1500㍍、3000㍍あたりの短いトラックで勝負していきたいなと思います。」

3区の中村亮介
「自分の走りのせいで目標を達成できなかったことを感じているので本当に反省して、学生ハーフでは外さないようにしたいと思います。学生ハーフで関カレ標準を切ることは今の感じだと厳しいですが、前回の箱根予選会も1ヶ月前は調子が悪くて。その時は調整でなんとかなったので、今回も頭を使って考えてやっていきたいと思います。」

4区の嶋大興
「今日の目標に近づくためにはエース区間以外の選手がエースを支えることが大事だと思うので、一人も抜けず、区間2位だったのは悔しいです。区間順位よりも11分台で走ることを目標にしていたので、(達成できなくて)区間2位では満足できません。学生ハーフと合宿を春先に繋げて、トラックで結果を出せたらと思います。」

5区の加世田雅之
「襷をもらった時に前を追う状況で、詰めなければいけないところを距離にビビって守りの走りになってしまいました。1月21日の赤羽ハーフで自己ベストを2分以上更新したのですが、その慢心というのもあったかもしれません。ここから1ヶ月でどれだけ関カレを意識して調整できるか、また単独走になった際のペース維持が課題です。」

6区の渡邉海
「予想していたよりも後ろで襷をもらって、突っ込むしかないと思って前半から飛ばしたのですが、割と(体が)動きませんでした。最低限の走りはできたかなと思います。それでも先週の奥むさし駅伝、今日とどちらも単独走で1㌔アベレージ3分10秒を切って押せているので、ハーフマラソンの標準は見えてきているのかなと思います。先週・今週と20㌔走を自主練で入れているので、学生ハーフへの準備はできているかなと思います。」
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【レスリング部】創部80周年感謝パーティー、東京湾クルーズに約160人が参加(2月10日) | 戦評一覧 | 【アイスホッケー部】もぎ取った一点、八戸の地で4年生引退(2月2日) »