FC2ブログ

2018/04/11

準硬式野球部


好調の出だし

◆平成30年度東京六大学準硬式野球春季リーグ戦◆
4月7日 対早大1回戦 法大多摩グラウンド
対早大1回戦・法大多摩グラウンド

1

2

3

4

5

6

7

8

9

立大

4

0

2

0

0

1

0

0

0

7

早大

0

1

0

0

0

0

3

0

0

4

(立)○濱崎、山村-木村(一)

春らしからぬ悪天候の中、今年も春季リーグ戦の戦いが幕を開けた。「日本一」というスローガンを成し遂げるためにはこのリーグ戦を制することが絶対条件。初戦相手・早大に序盤から確実に得点を重ね、白星スタートと快調な滑り出しを見せた。

 序盤から試合が動いた。2番上原のセンター前ヒットを皮切りに福田(コ4)、阿部(社4)も続いて出塁し満塁とすると、6番木村一(理4)の三塁打により3点を先取。勢いそのままに8番佐々木(社2)の適時打も飛び出し木村一も本塁に生還。4点を先制する。3回表にはリーグ戦初出場の柏瀬(コ2)が適時打を放ち2点を追加しチームに貢献した。6回には福田の出塁後、相手の牽制の悪送球により1点追加。相手のミスを見逃さず得点へとつなげ、終始安定した打線で立大ペースの試合へと導いた。
 
4安打でチームの勝利に貢献した福田
立大先発は濱崎(コ4)。2回裏、相手に1点を許すもその後6回裏までに許した安打は1本。このまま抑えるかと思われたが7回裏、2者続けて出塁を許すと、1点を返される。さらに続けて二塁打が飛び出し3失点となってしまう。しかしその後は替わった山村(文4)が無失点に抑え立大を勝利へ導いた。
 
 見事初戦を白星スタートした立大。「全員の力で勝てた」と木村一のとおり、今回の勝利は1人1人の努力の結果だ。「全員野球」で日本の頂へ。彼らならやってくれるはずだ。
 
(4月11日・横田結衣)


◆コメント◆
主将・木村一(理4)
―早稲田対策
ビデオを撮ってて、前日に見たんですけど、アウトコース中心の配球をしていたので外を踏み込む。 あと身長が高いピッチャーだったので目線を下げて打つっていうことを意識して試合に臨みました。
―7-4という点について
打撃はやっぱり7点取れるっていうのは予想していなかったんで良かったです。ただ4点とられってしまったのは 守備のエラーも絡んでいましたし、ピッチャーの調子も良くなかったので次は直せるように頑張ります。
―最初の打席を振り返って
もうあの打席はチームとして決めていた目線を下げて外を打つって言うのを忠実に実行しようと決めてました。 後は中途半端なスイングだけは絶対にしないようにしっかりとバットを振るっていう2つを意識してました。

濱崎(コ4)
―チームの中でどういう役割か
うち正直ピッチャーの頭数が少なくて、先発が2人、中継ぎが2人の4人で回している状況なんですけど、その中で俺は第1先発として秋からここまで調子が良くて、多分求められてるのは一試合目の9イニングは俺が投げ切って勝ってくれって思ってもらってると思ってるからその点で俺は失格だったと思うし、期待には応えられてなかったなって思います。
柏瀬(コ2)
―今日を振り返って
たまたま2点タイムリーが出たんですけど個人的には1番としての役割はあまりできなかったかなと思います。次の試合どこで起用されても輝けるところで輝きたいと思っています。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【軟式野球部】好機生かせず悔しい敗北(4月11日) | 戦評一覧 | 【洋弓部女子】現在リーグ戦2勝1敗 新エース躍動中!(4月11日) »