FC2ブログ

2018/04/14

準硬式野球部


9回完封で明大相手に初戦勝利!

◆平成30年度東京六大学準硬式野球春季リーグ戦◆
4月14日 対明大 ネッツ多摩昭島スタジアム
対明大1回戦 ネッツ多摩昭島スタジアム
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
立大
1
0
0
3
0
0
0
1
0
5
明大
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
(立)〇濱崎-木村(一)
(明)●服部、石崎-奥居、武田
 
雪辱を晴らす試合となった。「全員野球で勝つ」その言葉の通り、昨季負け越した明大相手に計10安打5得点の猛攻で勝利。前カードの早大戦から3連勝となり、チームの勢いにさらに拍車がかかった。

自身初の9回完封となった濱崎
試合は序盤からから動いた。初回、2番バッターの佐々木(社2)がライト線への三塁打を放つと、今川(理2)の打席でサードの野選とショートのエラーが絡み幸先よく先制する。4回にも、バッティング好調の上原(法3)がセンターへの適時三塁打などで追加点を奪い、濱崎(コ4)を援護する。

援護点を貰った濱崎も明大打線を直球でねじ伏せる。試合前半こそ、球が荒れ、4つの四球を与えてしまうが、「体が次第にほぐれた」と本人も語るように、後半にかけて徐々に制球も安定し、終わってみれば9回計9奪三振で完封勝利。前試合後に目標に掲げていた完封を達成し、今季2勝目を手に入れた。


「先発がしっかりと試合を作れるように」。この目標を打ち立て望んだこの試合。エース濱崎は見事完封を成し遂げた。しかし、好投しても口から出るのは3試合で20得点の強力打線への感謝だった。「ありがとうの言葉しか出てこない」。因縁の明治から勝ち点を奪うまで後1勝。投手と野手がそれぞれを敬う気持ちこそ、勝利を後押しするに違いない。

(4月14日 玉真拓雄)




◆コメント◆
柏瀬(コ2)

―今日を振り返って
前回、早稲田を2タテして全日に行くために絶対に落とせない試合で、とにかく勝てて本当によかったです。

―明治と相性が悪い印象があるが
向こうは甲子園に出たことがある選手がいっぱいいて、自分なんかは弱小校だったので名前負けするところがあるのですが気にせずにやろうと思いました。

―打率5割の秘訣は
あまり深く考えずに来た球を打つという感じ。考えちゃうとダメなので。何も考えずにバーンという感じ。

―明日に向けて
全日に行くためには絶対に落とせない試合なので本当に気合いを入るようにやっていきたいと思います。

濱崎(コ4)

―今日を振り返って
今日は勝つことだけを考えていたので、勝てただけでもう満点です。9回完封できたのもよかったです。

―次戦への意気込みを
次どこで投げるかはわからないですけど、自分は常に100%出すのがモットーなので、いつでも行けるような準備をしたいです。

上原(法3)

―今日を振り返って
明大戦は絶対勝って優勝につなげるということを全員で気持ちもって全員野球をしようと感じでした

―初戦勝てたのは大きいか
そうですね。明大倒しての優勝を目指していたので良かったです。

―次戦への意気込みを
絶対勝つの一言です

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【ハンドボール部】開幕戦は「全員ハンド」でトリプルスコア(4月14日) | 戦評一覧 | 【サッカー部】終了間際の決勝弾!関東復帰初戦を白星で飾る(4月13日) »