2018/04/15

野球部


春季リーグ戦開幕!4番三井の一打で投手戦を制す!

◆平成30年度東京六大学野球春季リーグ戦◆
4月14日 対早大1回戦 明治神宮野球場

1回戦

(立)○田中誠、中川-藤野
(早)●小島、徳山-中林、岩本

ついに開幕した六大学春季リーグ戦。初戦は早大との対戦となった。相手先発は速球を武器とする小島(4年=浦和学院)。立大は今季からエースナンバー「18」を背負う田中誠也(コ3=大阪桐蔭)が登板した。両投手、好投。投手戦となった。だが、試合中盤。代打で登場した林中(コ2=敦賀気比)の適時打で先制。その後同点にされるも、打線が粘り強く勝ち越しを呼び込み、僅差で勝利を収めた。

相手打線を8回途中1失点に抑えた田中誠ー藤野バッテリー

先発の田中誠(コ3=大阪桐蔭)。初回に安打を許すも、2回からは春季キャンプで磨いた制球力を発揮。6回までを7奪三振、無安打に抑え、打線の援護に恵まれないものの、好投を見せた。好投に応えるべく、打線が奮闘するも、小島の速球を捉えきれず、得点までつなげることは出来ない。だが6回、試合が動いた。藤野(営3=川越東)が内野安打で出塁。続く江藤(済3=東海大菅生)の犠打で二死二塁の好機を作り出す。この場面で代打、林中(コ2=敦賀気比)がコールされた。左投手を想定し、調整を行ってきた林中。外角低めに投じられた直球を捉えた打球は中堅後方へ。少ないチャンスをものにし、先制点を挙げることに成功した。だがその裏、連打を許し、同点に追いつかれて試合は振り出しに戻された。



7回に先制の適時三塁打を放ち、ガッツポーズを見せる林中


 8回、2番寺山(社4=神戸国際大付属)の二塁打、江藤の犠打で一死3塁。一打勝ち越しの場面で今日安打のない三井(コ2=大阪桐蔭)が打席に立つ。2ストライクに追い込まれ、投じられた3球目、真ん中低めを捉えた打球は大きくバウンド。一塁手のグラブを弾き、適時打となり、勝ち越しに成功した。
その裏に立大は一死2塁、一打同点の危機を迎える。ここで田中誠は降板。「悪い、がんばってくれ」と言い残し、守護神中川(コ2=桐光学園)へと託す。中川は左右に変化球を投げ込み打者を翻弄。ピンチを切り抜けた。その後も1点差を守り切り、開幕白星を飾った。


8回に勝ち越し打を放ち、決勝点を呼び込んだ三井



 「チームを勢いづけられるような投球をしたい」と語っていた田中誠。テンポの良い投球で打者を抑え込み、大きな役割を果たした。攻撃面では、細かなミスが目立つものの、少ない機会を逃さず得点。開幕白星を決め、順調な開幕となった。だが勝ち点を取らなければ優勝へ結びつくことは出来ない。今後の戦いにも注目したい。

(4月14日・山口史泰)





◆コメント◆
溝口監督
「初戦は何としても勝ちたいと思っていたので勝ててよかったです。まだ詰め切れないところがあったので細かいところはまだまだです。明日は勝ち点を取らないと意味がないので最後まで頑張ります」。

主将・松崎
「今日の1勝は今までの1勝とは違いました。去年の開幕は自分が活躍して勝てた試合でうれしかったのですが、そのうれしさとは違ううれしさがあります」。

今季初勝利の田中誠
「テンポよく投げることを意識していたので、真っ直ぐ、チェンジアップ、スライダーをうまく混ぜ合わせて投げることができたと思います」。

完璧なリリーフの中川
「大事な場面で抑えるのが自分の仕事。これからも今日のような場面があると思うので、しっかりとやっていきたいと思います」。

代打で先制適時打を放った林中
「大事な場面での代打だったので最初はびっくりしたのですが、リーグ戦でチャンスをもらえることはなかなかないので、思い切っていこうと思いました」。

勝ち越し適時打を放った三井
「かなりの緊張で空回りしてしまいました。8回は寺山さんが三塁ランナーだったので、当てたら1点だと思っていました。昨秋までは、あのような展開で負けてしまうケースが多かったので、それも含めた上での勝ちというのはうれしかったです」。

リーグ戦初出場初安打を放った荒井
「(―リーグ戦初安打について)練習試合では打ったことがありますが、神宮球場で打つのは違いました」。

リーグ戦初安打を放った江藤
「初安打という感じはなかったですが、出て良かったです」。

 

 

選手名

学年

出身校

打数

安打

打点

(右)

荒井智也

コ2

佼成学園

(中)

寺山寛人

社4

神戸国際大附

(二)

江藤勇治

済3

東海大菅生

(左)

三井健右

コ2

大阪桐蔭

(一)

飯迫恵士

社4

神戸国際大附

(捕)

藤野隼大

営3

川越東

(三)

吉田純也

コ3

中央中等教育

(投)

田中誠也

コ3

大阪桐蔭

中川颯

コ2

桐光学園

(遊)

宮慎太朗

コ2

市立船橋

林中勇輝

コ2

敦賀気比

笠井皓介

済3

桐蔭学園

34

10



立大メンバー表
10松崎横浜 11江口浦和学院
16宮崎県相模原 18田中誠大阪桐蔭
19手塚福島 15中川桐光学園
21川端秀岳館 12田崎長崎西
27藤野川越東 24竹葉龍谷大平安
飯迫神戸国際大附 33福岡大大濠
林田島原 28佐藤雄立教新座
江藤東海大菅生 吉田中央中等教育
25林中敦賀気比 13笠井桐蔭学園
23市立船橋 井上履正社
種田大垣日大 寺山神戸国際大附
22佐藤輝清水東 29荒井佼成学園
三井大阪桐蔭

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【アイスホッケー部】竹高が帰ってきた!復帰戦アシストで確かな存在感(4月15日) | 戦評一覧 | 【ホッケー部女子】古谷立教初陣。守備粘るも後半に力尽き、初勝利は次戦にお預け (4月15日) »