FC2ブログ

--/--/--

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.

2018/04/15

野球部


新人左腕・川端健が4回無失点の好投、 藤野・三井の本塁打で勝ち点奪う

◆平成30年度東京六大学野球春季リーグ戦◆
4月15日 対早大2回戦 明治神宮野球場

2回戦

2

3

4

5

6

7

8

9

×

(早)●早川、柴田、今西-小藤、岩本
(立)手塚、○川端健、中川-藤野 

松崎(文4=横浜)率いる立大ナインは開幕戦を勝利で飾り、この日、第2戦を迎えた。2点リードの3回に同点とされるが、4回に藤野(営3=川越東)が左越え勝ち越しソロを放つと、6回には三井(コ2=大阪桐蔭)が右越えソロをたたき込み、試合を決めた。大型新人左腕・川端健(コ1=秀岳館)は2番手で登板し、4回1安打無失点の好救援。初登板を初勝利で飾った。2日続けて接戦に競り勝ち、開幕カードを制した。

4回を無失点に抑え、初登板初勝利をあげた川端健
最速148㌔を誇る好左腕を、タテジマ打線が打ち崩した、かに見えた。初回、相手の先発マウンドには早川(2年=木更津総合)があがる。一死1、3塁の場面で、現役最多安打を誇る飯迫(社4=神戸国際大附)が内角高めの直球を右中間に弾き、先制の走者が生還する。続く藤野も適時打を放ち、リードを広げていく。あっという間に2点を獲得し、幸先の良いスタートを切る。

一度は流れを失いかけた。先発の手塚(コ3=福島)は、三回二死1塁から連打を許し、2点を献上してしまう。打線は反撃を試みるが、直後の攻撃を三者凡退に抑えられる。それでも、救援投手の川端健が流れを呼び戻した。キレのある速球を中心に相手打者を丁寧に打ち取っていく。この日が神宮デビューとなった新星は4回1安打無失点と好投し、打線の援護を待った。

4回に勝ち越しソロを放ち、笑顔の藤野
マウンドで踏ん張るルーキーの姿に、タテジマが奮起する。四回、先頭打者として打席に立ったのは恋女房・藤野。147㌔直球をすくいあげ、左翼席へと運んだ。自身の勝ち越し本塁打に、ダイヤモンドを回りながら思わず大きなガッツポーズ。「してやったり」とばかりに小さく舌を出した。さらに6回、今度は“新4番”が魅せた。甲子園、神宮大会と高校時代に2度対戦し、当時は「全く打てなかった」相手、早川が投じたスライダーをフルスイング。「背番号3」が放った打球は、球場に掲げられた「三井造船」の看板に向かってぐんぐん伸び、右翼スタンドに叩き込まれた。今度こそ最速148㌔左腕を打ち崩し、マウンドから引きずり下ろす。最後は盤石の守護神・中川(コ2=桐光学園)が2イニングを無失点でピシャリと抑えた。

「いいスタートを切れたから、地に足をつけてやるべきことをやるだけです」(溝口監督・90年度卒=湘南)。今カードは投打の歯車が噛み合い、幸先の良い滑り出しとなった。来週は、最速150㌔右腕のエース・菅野(4年=小高工)を擁する法大と対戦する。優勝まで、残る勝ち点はあと4つだ。


(4月15日・桒原由佳)

◆コメント◆
溝口監督
「昨日勝っているので、連勝にこだわっていた訳では無いですが、上手くいってよかったです。 3回に追いつかれましたが、今年はどのような状況になっても前を向いていくことがスローガンなので、そこは大丈夫でした。流れに構わず苦しい時もいい時も目の前のことをやりきることがAll out で、前を向くことがagressiveなので、この2戦はスローガンを体現できました。まず、2連勝でいいスタートを切れたので、地に足を着けて来週へ向けてやれることをやっていきます。」

六回にリーグ戦初本塁打を放った三井#3
「ホームランを打てて最高です。六大学野球のレベルの高さにも対応できた一打になったと思うので、自信になります。チームにプラスになるホームランが打てたのは良かったと思います。4番を任されていますが、プレッシャーはどの打席でもあると思うので、やはり3番、5番も良いバッターの集まりだと思うので、自分ひとりだけじゃなくて周りにも良いバッターがいるので、楽に打席に入る事が出来ています。自分が初めて出たリーグ戦で、2タテで勝つことが出来たので、素直にうれしいです。」

勝ち越しソロを左翼席に運んだ藤野#27
「先頭だったので、難しく考えず、自分のスイングをすることだけを考えたら、ホームランになりました。入るとは思わなかったですが、伸びてくれて良かったです。同点だったので、あの一本は意味があったと思います。初勝利の川端に関しては、フレッシュさで思いきり腕を振らせることだけを意識したので、その結果のびのびと投げていたので良かったです。試合に出ていない人もベンチで盛り上げてくれて、特に林田さんと種田さんはすごくいい雰囲気を作ってくれています。」

リーグ戦初登板で初勝利をあげた川端健#21
「予定では3イニングを投げる予定でしたが、調子がいい感じで投げることが出来たので、ファンの皆さんにも記憶に残るデビュー戦になったのではないかと思います。今日は自分の中で力んでしまいました。でも、打たれてはないので、今後、自分自身にリベンジしていきたいと思います。今日の投球は、もともと40点でしたが、初勝利だったのでプラス20点で、60点です。」

リーグ戦初打席で初球を左前安打の東#33
「初安打は率直にうれしいです。ストレートのタイミングで打ったのですが、打ったのは変化球で、いいところに転がってくれたのでよかったです。神宮球場は応援がすごく、楽な気持ちで打席に入れて集中できたと思います。練習より一層気持ちが入りました。今のうちにどんどん挑戦して経験して、2年、3年、4年と年を重ねるにつれてレギュラーになれるように頑張っていきたいです。」




 

 

選手名

学年

出身校

打数

安打

打点

(右)

荒井 智也

コ2

佼成学園

0

(中)

寺山 寛人

社4

神戸国際大附

(二)三

江藤 勇治

済3

東海大菅生

(左)

三井 建右

コ2

大阪桐蔭

(一)

 飯迫 恵士

社4

神戸国際大附

(捕)

藤野 隼大

営3

川越東

(三)

吉田 純也

コ3

中央中等教育

東 玲央

コ1

福岡大大濠

井上 和弥

コ4

履正社

林田 景太

観4

島原

(投)

手塚 周

コ3

福島

川端 健斗

コ1

秀岳館

佐藤 雄太

社3

立教新座

中川 颯

コ2

桐光学園

宮 慎太朗

コ1

市立船橋

 

 

 

 

29

 

 



立大メンバー表
10松﨑横浜11江口浦和学院
16宮崎県相模原18田中誠大阪桐蔭
19手塚福島15中川桐光学園
21川端健秀岳館12田崎長崎西
27藤野川越東24竹葉龍谷大平安
飯迫神戸国際大附33福岡大大濠
林田島原28佐藤雄立教新座
江藤東海大菅生吉田中央中等教育
25林中敦賀気比13笠井桐蔭学園
23市立船橋井上履正社
種田大垣日大寺山神戸国際大附
22佐藤揮清水東29荒井佼成学園
三井大阪桐蔭

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【男子ラクロス部】悔しさ残る最終戦(4月16日) | 戦評一覧 | 【ソフトテニス部男子】新生ペア、実力を発揮し2日目へ勝ち進める!(4月15日) »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。