FC2ブログ

--/--/--

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.

2018/04/16

野球部


<飯迫、100安打へのカウントダウン>
執念で先制打も 「めっちゃ調子悪いです」


◆平成30年度東京六大学野球春季リーグ戦◆
4月15日 対早大2回戦 明治神宮野球場
執念が勝った。打球が二塁手の後方へ落ちると、飯迫(社4=神戸国際大附)の顔が少しだけほころんだ。一回、二死1、3塁でマウンドは左腕の早川(2年=木更津総合)だった。簡単に追い込まれるが、3球ファールで粘った後の8球目。143㌔の高め直球にバットを振りぬくと、三塁走者の寺山(社4=神戸国際大附)がゆっくりと生還。貴重な先制打だ。「追い込まれてたけど、三振するイメージはなかった。気持ちでした」と照れ臭そうに振り返った。

攻略のレシピが頭に入っていた。「真っすぐを刺されないための練習をしていたので、それで対応できたのかな」。今カードへ向け、チームは小島(4年=浦和学院)、早川のW左腕対策で、最速140㌔程のストレートマシンを用いて打撃練習を行った。その成果が発揮された。この日は初回から各打者が粘り、早川には6回で100球を投げさせた。さらに、4番・三井(コ2=大阪桐蔭)、6番・藤野(営3=川越東)が本塁打を放ち、2日続けて好左腕に土をつけた。
 
1回、飯迫が先制適時打を放つ
だが、背番号7にはまだ空腹感が残る。2打席目以降は、空振り三振、見逃し三振。八回はゲッツーに倒れ、好機を潰した。その打席後には主将・松﨑(文4=横浜)に「だっせ」と言われた。インタビューでは「調子が悪いです。ほんまに芯を食ったヒットがないのが心配」と告白した。「法政戦では、チャンスで打って、あとはホームランとかクリーンヒット。1試合2安打ずつ打ちたい」。100安打まであと40本とした飯迫が、快音に飢えている。
(4月16日・浅野光青)
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。