FC2ブログ

2018/05/03

テニス部男子


強靭な肉体に、折れない心
新エースは粘り強い!


平成30年度関東学生テニストーナメント大会
予選コンソレーション 男子シングルス
5月3日 立川ルーデンス
関東学生テニストーナメント大会(前戦)の戦評はこちら

本戦1回戦に惜敗した 金子(営2) がインカレ出場を目指し、コンソレーション(敗者復活戦)に登場した。

強烈なサーブを放つ金子
第1ゲーム、「勝ちたいっていう気持ちで固くなった」と語る金子。しかし、恵まれた体格から放たれるサーブは相手のレシーブの形を崩すのに十分だった。二度にわたるサービスエースでキープに成功する。2ゲーム目、ブレイクゲームとなるが、相手のサービスが安定しない所を突きデュースの末、ブレイクポイントを握る。
 ここで気持ちが乱れた。金子の正確なショットに狂いが生じる。バックハンドがことごとくアウトになりキープを許してしまった。サーブゲームになっても悪い流れを引きづってしまう。ファーストサーブが入らない。ラリーで主導権を取れず防戦となる展開が増えた。

相手の強烈なショットにラケットが押され、ボールがネットに落ちた。ブレイクを許す。建て直したい4ゲームは、相手のサーブを止められない。突然入り出した球威の強いファーストサーブを見て金子のギアが上がる。5ゲーム目、サービスエース2本を軸にストレートでキープに成功。6ゲーム目、苛立ちを隠せない相手に対し冷静に対処した。力任せなサービスエースを2本決められたものの、フォアクロスの強打でブレイクに成功。試合を振り出しに戻した。お互いにサーブゲームをキープし、9ゲーム目、セルフジャッジ(審判がいない試合において選手同士でイン、アウトの判定をする)にも悩まされ、ブレイクを許す。

 しかし、金子の心は折れない。我慢比べとなったストローク勝負にことごとく勝利し、10ゲーム目で即座にブレイクバック。1セット8ゲーム先取の試合だからこその緊迫感、2時間に渡る激戦を制したのは立大テニス部のエースだった。タイブレーク寸前となった14ゲーム目、得意のフォアクロスでマッチポイントを握ると最後は相手が根負け、ダブルフォルトでゲームセット。

 実力に差が無かったのはスコアを見れば一目瞭然だろう。勝負を分けたのは表情を変えないメンタルに、鍛え続けたスタミナだった。「決めきる所を決めきれなかった」と語った金子だが、この様な激戦を制したのは一つ自信になったはずだ。インカレ予選は夏。パワーアップしたエースがどの様な戦いを見せてくれるのか。期待は膨らむばかりだ。 

(5月10日 三井田惇)

《試合結果》
シングルス
金子 8-6


◆インタビュー◆
―試合を振り返って
取りきれる場面で取りきれなくて長引いてしまった試合で、勝ったことは納得してるんですけど内容はちょっと悪かったかなと思います。

―反省点は
40-15とか自分が取り切れそうな所で簡単なミスでデュースになってしまって長引いてしまったゲームが多かったですし、チャンスが多かったのに決めきれなかった所が反省点です。

―本戦の相手との違い
全然安定感が違いましたね。今回の相手の方が荒くてミス増えたりとかありましたし

―表情はあまり変えていなかったが心境は
あまり表情に出てなかったですけど今日勝ったらインカレ予選なので本当に負けるか勝つかで全然違う試合だったので、勝ちたいっていう気持ちで固くなったというのもありました。

―セルフジャッジは難しかった
(怪しい判定について)それはしょうがないかなと思います。そういう相手ともジュニアでやってきましたし、そういう事に関してはそういうものだし、しょうがないと思います。

―本戦にはもっと強い相手が出てくる
本戦一回戦の反省とか生かして最初から打ち過ぎずに、相手としっかり駆け引きして。インカレ本戦行ける様にしたいです。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.