FC2ブログ

2018/06/21

準硬式野球部


実りある新人戦

◆平成30年度木村杯新人戦◆
5月7日 対慶大 法大多摩キャンパス
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
慶大
立大
(立)吉田、●泰道、松原-村口
(慶)木田、○下島、鵜飼-高野­
今試合2HRの浅井

1、2年生で挑む初めての公式戦。立大は2本のホームランを放つも最後は巻き返すことができず、初戦敗戦と悔しい結果に終わる。

  

先発のマウンドを任されたのは吉田(済2)。序盤から良い流れを掴みたい立大であったが、1回先頭打者に出塁を許す。その後三振とフライで二死に追い込むが、4番打者に投じた1球目をはじき返され先制されてしまう。2回の攻撃、今回唯一の一年生である期待の新人枝松(文1)は三振に終わるもファールで粘りを見せるなど実りある初打席を収めた。

チームの熱い声援を受け徐々に調子を高めてきた吉田。3回守備では三者三振と鮮やかなピッチングで魅せる。攻撃では佐々木(社2)が四球と盗塁でチャンスを作り、続く今川(理2)がレフトに大きなヒットを放ち佐々木がホームへ。この回1点を巻き返し同点に追いつく。4回守備を無失点で抑え1-1で迎えた攻撃、浅井(コ2)がレフト方向にホームランを放ち1点。これで追い風に乗った立大は一死一・二塁をバントで塁を進めて一死二・三塁。柏瀬(コ2)のヒットによってさらに2点を追加し、4-1とリードを広げる。

立大に勝利の光が見えたと思われたが暗雲が立ち込める。5回、これまで粘投を続けてきた吉田は泰道(文2)と交代。守備では連携が取れず何度もミスが続き相手に1点を返される。慶大の反撃は止まらず、その後7回には4点、ピッチャーが松原(社2)に交代した8回には1点、計5失点を奪われる。最後の攻撃では浅井が本試合2本目となるホームランでグラウンドを沸かせるも、さらに点差を縮めることはできず、5-7で幕を閉じた。

 

惜しくも初戦敗戦という結果に終わった立大。今回の試合で多くの課題を見つけたと同時に、これからの試合への手応えを感じたに違いない。若さ溢れるパワフルな新人選手たち。これからの活躍を期待したい。 (6月20日 大上文)



                                                                                                        
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.