FC2ブログ

2018/06/21

バスケットボール部


都民大会初戦、チーム力生かし快勝!

◆平成30年夏季バスケットボール選手権大会◆
6月2日 対東京Dark Fund 江東区スポーツ会館

◆平成30年夏季バスケットボール選手権大会◆

立大

93 

21-15 
20-18 

60 

東京Dark Fund

28-9 
24-18 


都民大会初戦の相手は、東京Dark fund。初めて対戦する相手であり、全く予備知識がない中臨んだ一戦。立大は機動力を生かした攻撃で、初戦を勝利で飾った。

相手のシュートをブロックする川島(法4)

 第1Q、立ち上がりに点を奪われるも、#51川島(法4)#36入倉(済4)#7佐藤(文3)がそれぞれ連続でシュートを決め、逆転に成功する。また試合残り1分弱からコートに入った#15松田(済1)のスリーポイントが決まり、第1Qを21―15と立大リードで終える。  続く第2Q。#15松田と#20新屋(済3)の活躍が光る。両選手、速攻でのレイアップシュートで次々と得点を重ねる。しかし、相手も食らいつき、点差をなかなか広げることができない。それでも、試合終了直前の#7佐藤の連続シュートがチームを勢いづけた。選手たちが立ち上がって歓声をあげる中、41―33で前半を折り返す。

 僅差の中迎えた第3Q。ついに、立大が本領を発揮し、開始直後から猛攻を見せる。 シュートが決まるごとに、チーム内で歓声が上がり、良い雰囲気の中で試合を支配していく。中でも圧巻だったのは、#21伊藤(文4)が3連続で決めたスリーポイントシュート。次々とゴールにボールが吸い込まれていく。しかし、試合後に彼は「いつも通り」と笑顔を浮かべていた。69―42と相手との点差を一気に広げる形で第3Qを終える。 第4Qは、1年生#15松田の3ポイントシュートで幕をあける。上級生からは、「もういいよ」と声が上がり、笑いが起きるほどの活躍ぶり。彼は、この日が大学に入り初めての試合。「得意の3ポイントでアピールできたと思う。」と満足そうな様子であった。一方で、上級生も負けてはいられないと言わんばかりに、意地を見せる。#28片山(済4)の3連続シュートが決まったところで、試合終了の合図。93−60と大差をつけての勝利となった。

 最終Qは、4年生全員が出場という滅多にない時間だった。公式戦では今まで、学年全員で出場するという機会には恵まれなかった。選手たちが口を揃えて、「嬉しかった」と語ったのも、長い間をかけ共に切磋琢磨してきた今までの練習があるからこそだ。試合は後半になるに連れて、チーム内の声かけが随所に見られるようになり、チームの結束力が高まっていくのを感じた。次戦からは、強豪との戦いが待ち受けている。選手たちは次の試合に向け気を引き締めつつも、「楽しみながら勝つ」という主将・伊藤の言葉からは余裕さえ感じられた。今日の勝利を自信にし、恐れず立ち向かい勝利を掴みとって欲しい。

(6月19日 大木紫万)
◆コメント◆
#28 片山
ーー今日の試合全体を振り返って
練習としてやるべきことができたので、収穫はあったのかなって思います。

ーー今日の試合は100%の出来だった
まぁそうですね、でもまだ完成形じゃないです。背の高い3人が入った時の動きとか、まだまだだと思うので、そこはこれからですね。

ーー最後は4年生全員で出ていたが
やっぱり楽しいですね。同期と出ると楽しいし、それで勝てたらもっと嬉しいかなって思います。

ーー秋のリーグ戦に向けて
勝ちを収めないとこれまでの練習とかが身になってないと思うので、少しでも多く勝てるように日々練習していこうかなと思います。


#21 伊藤
ーー今日の試合はどうでしたか
1ピリ2ピリやった感じでは相手に合わせちゃった感じなんですけど、自分たちがちゃんとやれば相手にならないような相手だったんで、しっかりやりながら楽しもうって感じで後半はちゃんとやりました。

ーースリーポイントを3回連続で決めていらしたと思いますが、それについてはどうですか
あれは、いつも通りです。いつも通りうったら3本連続で入ったかなって感じですね。

――最後4年生全員で出ていたと思いますが、チームの雰囲気などはどうでしたか
この4年生がすごく仲が良いんで出てて楽しいですし、ラストイヤーなのでこうやって一緒にプレイできるのは嬉しいですね。

――次の試合に向けて考えていることや、意気込みはありますか。
都民大会の方はこのまま続くんですけど、楽しんで勝つこと。リーグ戦の方は、できるだけ上を目指して良い成績を残して引退をしたいです。


#15 松田 #13 遠藤(観1)
――初めての公式戦?
(松田)ベンチ入ったのは初めてです

――初めての試合でしたが
(松田)そうですね、先輩からどんどんやれって言われていたので。先輩にも頼りながら上手く自分を出せたかなと思います
(遠藤)周りの先輩とかベンチからの応援もあって、やっと初得点決めることができたので、ありがたいなと思います

――得意なプレーは?
(松田)3ポイントが自分的には得意かなと思っています
(遠藤)ドライブを武器としてはいるんですけど、今日はあまり発揮できなかったので今後に生かしていきたいです

――初戦突破で次週も
(松田)調子を落とさずに、先輩を後押しできるように下級生らしく頑張っていきたいです
(遠藤)一番下の学年なので、元気出して。プレータイムをもらえるのであれば、しっかり全力を出し切りたいと思います

――大学入ってみて雰囲気はどうですか
(松田)やっぱり関東なので、かなりレベル高いと思います
(遠藤)大学生になると体の強さは違うので、今のうちから意識してやっていかないとなと思っています

――大学に入ってから力を入れている練習は
(松田)自分はドリブルからの1vs1とか。勝負のところをもう少し強くしたいなと思っています
(遠藤)自分はディフェンスが弱点なので、一から鍛えなおす気持ちでやっていきたいと思います


#17 平川
――今日の試合全体を振り返って
今日はまだ全員の良いところが出し切れてないってのがあって、最初なんで硬かったってのもあるんですけど、もっといいチームというか、上級生がもっと出来るってのがあったんですけど、初戦ってことでけっこう気が緩みがちだったと思うんで。来週から相手強くなってくるんで、そこから頑張っていきたいですね。

――第3Qから伸びてきたと思うが
第1、2は硬さと気の緩みですかね。正直、上級生にAのメンバーがいるんで、勝てるだろうっていう気の緩みが前半はあったかなって感じで。後半で逆転して勝てるだろうみたいな。でも3Qであまり離れてなかったんでちょっとやばいな、みたいな。それでみんな集中し始めたんですかね、それが勝因って感じで。

ーー自身のプレーについては
全然だめでしたね、いつも練習中に出せてるプレーが全然出せてなかったんで。前半良くなかったってのは自分の責任でもあると思ってます。練習から自分から周りを引っ張っていくプレーをしないときついですね。

――最終Qは4年生全員でしたね
素直に嬉しい、このメンバーで出れて嬉しいってのがあって。今まではけっこうAとBで分かれてて一緒に出ることが出来なかったんですけど、今まで一緒に出れなかったメンバーとプレー出来るのはすごい嬉しいし。最後4年間培ってきたものを発揮できればいいなって思ってたんで、このメンバーで出来て本当に嬉しかったってのはありますね。


#51 川島
――今日振り返って
今まで上級生がたくさん出る試合はあまりなかったので楽しかったです。

―ー4年生全員が試合に出たことについて
この大会だけのフォーメーションをみんなで練習期間中に考えてそれを成功できた場面がいくつかあったので、そういうところは試合で成果が出たので良かったです。

ーーどういったものを具体的に目指していましたか
この先進んでいくと三回戦目に去年の先輩の吉田亘さんが所属しているクラブチームがあるんですよ。そこにまず戦って勝つというところを一番の目標としてやっているのでモチベーションを高くやっています。

ーー自分のプレーについて今日振り返ってみて
みんなで考えたフォーメーションに対して自分の役割をできたかなと思っているので、これを継続的に行うことが一番かなと思います。

ーー長身を生かしたプレーはどういった場面でみせていきたいですか?
今日の相手は私より身長が低かったのでリバウンドで貢献というところとみんなが調子の悪い時に相手のシュートを止めたりとかそういうところが私の役割だと思っているので、そこは役割として全うするべきだと思っています。

ーー相手の印象は
やっぱり真剣にバスケをし合うというところもそうなんですが、試合中に向こうも優しく声をかけてくれたりとかがあってそういうところはバスケの接触する部分として楽しい面でもあるので、社会人の方の良いところかなと思っています。

ーー1年生について
今インタビューを受けている松田くんともう1人いらっしゃるのでこの先自分たちはラスト1年なんですけど立教バスケ部として頑張ってくれればなと思います。


#36 入倉
ーー今日は社会人相手に快勝でしたが
機動力がうまく伝わったのが一番かなと、やっぱり社会人の方々はスピードで来るっていうより、ゆっくりゆっくり攻めてくるのに、しっかり守って速攻に繋げて攻められたのがでかいかなと。あと途中で交代して出てきたセンターの人たちがリバウンドを支配できてたので、そこでこっちが外してもシュート決め切れたり、逆に相手が外したときはしっかり取って、自分たちの攻撃に繋げられたってのは大きいかなと思います。

ーー今日の相手は初めて当たった
そうです。
ーー対策とかも特にはない
そうですね、対策全くしてなかったですね

ーー今日のスコア、93-60という数字は
前半がベンチでも話し合ったんですけど、もうちょい点取れたんじゃないの、簡単なミスが多かったり、結果的にシュートを決め切れなかったので、ちゃんと決めてれば100点はいけたかなと思います

ーーご自身の調子は
全然だめでした。やっぱりレイアップが全然入んなかったりしたので。そこを決めきるように来週は頑張りたいです

ーー最後4年生の方が全員でコートに立った
せっかく上級生チームで出られて、4年生全員で試合に出るってのは、公式戦では今までなかったので、そこで4年生同士も実際やりやすいのもありますし、ベンチもそういう流れになってくれたんで、全員で出られたのでよかったです。

ーー次戦の意気込み
次は普通に強いので、去年は勝ったチームなんですけど。去年の先輩方が強くて、その先輩たちいなくなって結構厳しい試合になると思うんですけど、やることしっかりやって、やれば勝てると思うので、今週1週間、しっかり調整して臨みたいです。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【ラグビー部】定期戦前、最後の戦い 明学大に対し、僅差で勝利 (6月22日) | 戦評一覧 | 【準硬式野球部】実りある新人戦(6月21日) »