FC2ブログ

2018/08/15

野球部


B軍初勝利!魅せた選手層の厚さ
◆平成30年度夏季オープン戦B軍◆
8月12日 対関東学大 関東学大グラウンド

3

4

5

6

7

8

9

関東学大

(立)〇千田、小幡、坂井-田崎
(関)伊藤、●金沢、荒川、宮島、桜井、長嶋、上橋-金子真

 夏季オープン戦でB軍が初勝利を収めた。4回に勝ち越した立大は、その後相手の毎イニングごとに替わる計7人の投手リレーに攻めあぐねるも、8回に打線がつながり3点を奪う。粘る関東学大を振り切り勝利した。

ホームに生還し、ハイタッチを交わす
佐藤聡(左)と寺山(社4=神戸国際大附)
このフレッシャーに注目だ。6回からマウンドを任された小幡(観1=立教池袋)は1年生らしからぬ落ち着いたピッチングで3回をテンポよく投げ切り9人でシャットアウト。完璧なリリーフで追加点を呼び込んだ。

上級生も負けていない。守備でリズムを作った立大は、8回二死二、三塁とチャンスで迎えた途中出場の佐藤聡(コ3=柏南)。2球目をたたき、フェンス直撃の適時二塁打で2点を追加。それに続いてまたも途中出場の小野(文3=横浜)が右中間への適時二塁打でダメ押し。途中出場の3年生外野手コンビが試合を決めた。

立大はB軍もタレント揃いだ。一年生投手の好投や、途中出場の選手の活躍など、改めて立大の選手層の厚さを感じさせる試合だった。普段試合に出られていない選手にも出場機会が与えられるオープン戦。ここで活躍し、A軍への昇格を目指す選手たちの次戦は8月14日の中大戦。雑草魂で躍動する選手たちの今後に注目だ。

(8月15日・川田怜旺)


Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.