FC2ブログ

--/--/--

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.

2018/08/19

ソフトテニス部男子


日本一のペア相手に大奮闘! 太陽の国・岡山で見せた4年生の背中

◆平成30年度全日本学生ソフトテニス大会◆
8月6日~8月11日  浦安市総合公園テニスコートほか

 「暑い」岡山県で、「熱い」戦いが繰り広げられた!日本一の大学生テニスプレイヤーを決める全日本インカレ。今年の開催地は太陽の国・岡山県。心なしか東京に比べ太陽が大きく感じられ、あまりの日差しに、人もコートもよく日焼けしていた。立大からはダブルスの部において、8組のペアが出場。東日本インカレでベスト8の成績を残した佐藤(コ4)・山舘(文2)ペアが、今回は全日本を相手にラケットを握る。

 立大の主将・佐藤春生を含む4年生にとっては、今大会が最後のインカレとなる。佐藤のインカレでの最高成績は1、2年生時のベスト16。ペアを組む山舘は事前のインタビューで、「個人で春生さんがベスト16が最高なので、その16に並びたいのと、8に入りたい」と、先輩と過ごす最後のインカレに向け、高い目標を掲げていた。


最後のインカレを戦い抜いた主将・佐藤
 日本一のペア相手に、激熱ラリーを展開した。1、2、3回戦を順当に勝ち上がった佐藤・山舘ペア。ベスト32をかけた4回戦の相手は、昨年度東日本インカレで優勝を果たした安藤・内田(早大)ペアだった。しかし、「王者」相手にも2人のテニスを貫き通した。第1ゲームから取り、取られのシーソーゲームが続く。まさに一進一退。決着はファイナルセットまでもつれ込んだ。ファイナルセットは相手優位で進んでいく。最後の最後までボールを追い続けた2人だったが、一歩及ばず。3-4で敗北した。その後勝ち進み日本一となった相手に、惜敗という結果になった。

「4年生は全員憧れの存在です」。そう語ったのは1年生で唯一団体戦に出場した田島(コ1)。結果だけ見れば、ベスト64.。目標としていたベスト16、8には遠く及ばなかったのかもしれない。しかし、後輩たちは戦う4年生の背中から何かを感じとっていたようだ。4年生の試合への挑み方、テニスとの向き合い方こそ、後輩たちにとって、最高のプレゼントだったのである。今後、新チームへと移行していく中で、どんな成長が描かれていくのか。秋は、すぐ傍までやって来ている。
(8月19日・合田拓斗)
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。