FC2ブログ

--/--/--

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.

2018/09/10

体操競技部


伝統の一戦 2年・永野が優勝

◆第62回同志社立教対抗体操競技定期戦大会◆
9月2日 立教大学新座キャンパス


永野の演技を側で見守る体操競技部員たち
 62回目を迎えた伝統の一戦。今年は立大が会場だったこともあり、多くのOBの方々や保護者の方々が演技を見守った。他大学との選手とも応援し合い、和気あいあいとした雰囲気の中で試合は行われた。

 先月行われた全日本インカレ後のインタビューで、「体操をやってきた中で一番悪い試合だった」と悔しい表情を浮かべていた永野(文2)。この日は始終笑顔がみられた。特に良かった種目はあん馬。演技途中で落下してしまうことが多いこの種目も、今日は調子が良かった。仲間達が近くで見守る中、一度も落下することなく演技を終えた。跳馬では12.80、平行棒では11.85の高得点をマークし、種目別で優勝。その他の種目でも安定した演技を見せ、個人総合優勝を果たした。


エキシビションでは部員全員で最高の笑顔を見せた
しかし、全日本インカレから1カ月。「あまり切り替えられていない」と苦笑いで話す永野はまだまだ満足していない様子だ。彼が今見据えているものは来年の全日本インカレ。「先を見据えていつから何をやればいいというのを逆算して練習していきたい」と覚悟を口にした。

 この日はエキシビションも行われた。器械体操と新体操、それぞれの特徴を組み合わせた演技を笑顔で披露した。彼らの笑顔に釣られて、観客も笑顔で手拍子。普段から仲がいいという同大と立大の定期戦を締めくくるにふさわしいエキシビションだった。


(9月2日・洞内美帆)


Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
   ゆ か あん馬 つり輪 跳 馬  平行棒 鉄 棒  総 合 
佐久間湧雅(コ4) 12.0 9.6 11.9 12.5 9.9 12.7 68.6(3位)
海老絢介(済4) 10.55 10.6 9.9 9.0 11.1 9.4 60.55(6位)
永野天空(文2) 12.2 12.5 11.35 12.8 11.85 12.1 72.8(1位)