FC2ブログ

--/--/--

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.

2018/09/22

準硬式野球部


大量得点で圧勝!東大相手に白星スタート

◆平成30年度東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦◆
9月22日 対東大 早大東伏見グラウンド
対東大1回戦 早大東伏見グラウンド
 
1
3
4
5
6
7
8
9
東大
立大
×
10
(東)●渡邊、楠木、田中-中村
(立)山村、〇水野、濱崎-木村(一)
 

 東大から初戦勝利をもぎ取った!前日の降雨でグラウンドコンディションが悪い中行われた対東大一回戦。先発・山村(文4)、水野(コ1)、濱崎(コ4)の3人の投手リレーが功を奏し相手打線をわずか5安打1失点に抑える好投をみせる。対する打線も9安打10得点と無駄のない攻撃で10-1と大勝。投打が上手く噛み合い東大からの勝ち点奪取に大きく近づいた。

 

 先発のマウンドに上がったのは山村。初回、2回ともに走者を背負うものの、後続を打ち取り無失点で切り抜ける。

 

今季初登板を果した水野

 山村を援護したい打線は初回、佐々木(社2)の四球、福田(コ4)の進塁打で二死ながら得点圏に走者を置くと、今川(理2)が外角の直球をうまく流し、左翼線へ適時打を放ち先制。さらに柴(コ4)も中前適時打で続きこの回2点を先制する。さらに2回、3連続四球で一死満塁のチャンスを作ると、福田の中前適時打で追加点をあげる。続く今川もこの日2本目となるタイムリーを放つなど、2回までに6-0と点差を大きく離す。

 

 打線の援護を受けた山村は直後の回を三者凡退に切って取り、3回被安打1無失点で水野にマウンドを託す。今季初登板の水野だったが、4回、先頭に右中間を破る三塁打を浴びると、セカンドゴロの間に1点を返される。しかし、その後は立ち直り5回を三者凡退に抑え、東大に流れを渡さない。対する打線も3、4回と0点と沈黙を続けていたが、5回、上原(法3)、大戸(コ1)の連続安打で無死一・三塁とチャンスメイクすると、木村一(理4)のスクイズが決まり点差を再び「6」に広げた。

 

 6回からはエース濱崎が登板。自慢の速球とカーブなどの変化球を織り交ぜ6回を三者凡退。7回こそ自らの送球エラーから満塁のピンチを招くが、後続の打者を力でねじ伏せ0点に抑える。その裏、上原が四球と相手の暴投で三塁まで進むと木村一の犠飛、さらには濱崎の中前打と3連続四球でダメ押しの追加点を奪い試合を決めた。

 

 濱崎は残り2イニングも投げ切り4回無失点と好投。打撃陣も8回に木村一がタイムリーで東大を突き放し10-1で勝利。勝ち点を与えてしまった慶大戦の嫌な流れを見事断ち切った。

 

 「もう後がない状態」。慶大からの勝ち点をこぼしてしまったチーム状態を指揮官の古暮(現4)はこう評す。優勝の望みをつなげるために。明日の東大戦での勝利は必須条件だ

(9月22日 玉真拓雄)


◆コメント◆

古暮

-今日の試合を振り返って

狙いをもって打席に入るという自分のやりたいことをしっかりできたのがいい結果につながったと思います

-次戦の意気込み

本当に負けられないんで。自分たちの野球をやって次につながるような結果を出したいです

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。