FC2ブログ

2018/09/23

野球部


投げては川端健が9回零封!
幕切れは10回、江藤がサヨナラ弾!「明日、最高の準備で臨みます」


◆平成30年度東京六大学野球春季リーグ戦◆
9月23日 対早大2回戦 明治神宮野球場

2回戦

10

1

(早)今西、●早川-岩本
(立)川端健、○中川藤野

幕切れは、予想だにしない劇的なものだった。対早大2回戦、昨日の敗戦により今カード勝ち点獲得に後がなくなった立大。先発の川端健(コ1=秀岳館)が9回を零封する完璧なピッチングを披露し、ゲームを作った。打撃陣は相手投手陣を前にこう着状態が続いたが、10回表から途中出場した江藤(済3=東海大菅生)の一振りが沈黙を破ると同時に、試合を終わらせた。

9回を無失点に抑えた川端健

立大が誇る最強ルーキーが、秋の神宮球場で躍動した。負けられない1戦のマウンドを任されたのは若き左腕・川端健。カットボールを中心としたハイテンポなピッチングで、初回から早大打線を翻弄した。真価が問われたのは9回二死1,2塁の場面。「三振を狙いにいった」。頼れる先輩・藤野(営3=川越東)のサインに一瞬の迷いもなくうなずく。キャッチャーミットめがけて思いきり腕を振った。渾身のスライダーがバットにかするはずもない。空振り三振。普段あまり感情を表に出さない彼も、「まあ人間なんで」。思わず、吠えた。
大学入学後、川端健が9イニングを投げ切るのは今回が初。「9回を無失点で抑えるのはピッチャーとしてベストなピッチング」。今後の秋季リーグ戦。優勝に向けて、彼がキーマンとなるのは間違いないだろう。





 スーパープレイで会場を沸かせた。7回表二死1、3塁。早大の代打重田(3年=佐賀西)の鋭い打球が内野の頭を超え、先制点は奪われた、かに思われた。ミートの瞬間笠井(済3=桐蔭学園)は「(バットの)先っぽだ」と直感。追ううちに直感は「捕れる」という確信に変わった。タイミングを見計らって、思いっきり地面を蹴る。ボールは吸い込まれるようにグローブに納まった。超スーパーキャッチに会場からは拍手喝采。絶体絶命の窮地からチームを救った。

延長10回、江藤はサヨナラ本塁打を放つ

10回裏に、ドラマは待っていた。その回の表から途中出場した江藤。打席に向かう前、「俺が決めて終わらせるわ」とチームメイトに“サヨナラホームラン”を宣言した。得点板に並ぶ19個もの0を前に、力強くバッターボックスを踏みしめる。不調から夏季オープン戦の最後にスタメンを外された江藤は悔しい気持ちをバットに乗せた。早大2番手早川(2年=木更津総合)の投じた2球目、内角スライダーをフルスイング。ジャストミートした打球の勢いが止まることはなく、そのままライトスタンドへ。江藤は右腕を高々と突き上げた。立大の選手も、会場も両手を高々と突き上げた。この結果に、思わず溝口監督(90年度卒=湘南)からも「ありがとう、助かった」と声を掛けられた。今日の結果から明日スタメン復帰も考えられる江藤。「最高の準備をして明日に臨みます」。“サヨナラ男”に明日も期待大だ。



接戦を勝ち取れたことは大きい。今日のサヨナラ勝利には、昨春優勝時の雰囲気と重なるものがある。最後まで粘り強く戦い続ける姿勢は、後々の結果に繋がっていくだろう。早大との決着は明日、13時30分からである。優勝に向け、勝ち点は簡単に譲らない。

(9月23日・合田拓斗)





◆コメント◆
サヨナラホームランを放った江藤#4
「勝ててよかったというのと一発で決められたのは、誰にもプレッシャーをかけずに自分だけで決められたので気持ち良かったです。打席入る前に「俺が決めて終わらせるわ」と言ってたのでそれが本当になりました。明日も自分で決められたらいいと思うので、最高の準備をして明日に臨みます。」

9回無失点という圧巻のピッチングで勝利を呼び込んだ川端健#21
「(今日の点数は)大学入って初めて9回投げて0点に抑えたので、90点くらいはつけて良いんじゃないかなと思います。自分の中でも9回無失点っていうのは1番、ピッチャーとしてはベストなピッチングなので、ピッチャーが点を取られなければ絶対チームが負けることはないので、今日のピッチングを次も続けていけたらいいなと思います。」

7回、ダイビングキャッチでチームを救った笠井#13
「守備から流れを作るということが自分たちのスタイルだと思うので、ピッチャー中心に守っていました。(7回のファインプレーについて)打った瞬間、先っぽだとはわかっていて、追っているうちに取れそうだと思って、最後にジャンプしました。そのジャンプのタイミングが良くて取れたのだと思います。うれしいですが、まだ明日もあるので気を引き締めて、やっていきたいと思います。」

川端健、中川をリードし、マルチ安打を放った藤野#27
「(配球は)取ってく中でのバッターの反応だとか川端の調子を見ながら今日は。もちろんストレートも良かったんですけど、その中でも変化球がすごいコーナーに決まってたので、そういう選択をしながら配球してました。今日いい形で勝つことができたんでその流れに乗って、明日はしっかり点を取って勝てるようにしたい。」

 

 

選手名

学年

出身校

打数

安打

打点

(中)

種田真大

営4

大垣日大

(右)

松﨑健造

文4

横浜

(一)

飯迫恵士

社4

神戸国際大附

(左)

三井健右

コ2

大阪桐蔭

(捕)

藤野隼大

営3

川越東

(二)

林田景太

観4

島原

林中勇輝

コ2

敦賀気比

中川颯

コ2

桐光学園

(三)二

伊藤智也

社2

高田

(遊)

笠井皓介

済3

桐蔭学園

(投)

川端健斗

コ1

秀岳館

江藤勇治

済3

東海大菅生

35



立大メンバー表
10松﨑横浜 11江口浦和学院
16宮崎県相模原 18田中誠大阪桐蔭
19手塚福島 15中川桐光学園
22比屋根興南 21川端健秀岳館
12田崎長崎西 27藤野川越東
24竹葉龍谷大平安 松﨑神戸国際大附
林田島原 14峯本大阪桐蔭
37伊藤智高田 江藤東海大菅生
25林中敦賀気比 13笠井桐蔭学園
20寺嶋東農大二 井上履正社
種田大垣日大 寺山神戸国際大附
29荒井佼成学園 三井大阪桐蔭
36太田英智辯学園

Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.
« 【野球部】誠也よ、上を向け。15年秋以来早大から勝ち点スルリ(9月24日) | 戦評一覧 | 【バレーボール部】専大相手に及ばず秋季リーグ2戦目も黒星(9月23日) »