FC2ブログ

2018/09/24

準硬式野球部


9回2点巻き返し粘るも惜敗、勝ち点明日に持ち越し

◆平成30年度東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦◆
9月23日 対東大 法大多摩グラウンド
対東大2回戦 法大多摩グラウンド
 
1
3
4
5
6
7
8
9
立大
東大
×
10
(東)〇近藤、楠木、-中村、佐島
(立)●泰道、松原-木村(一)
 

東大からストレートで勝ち点奪取とはならなかった。先制点を許すが、2回すぐさま5点を返す。しかし、勝利の女神は微笑まなかった。4回裏に満塁本塁打を放たれ逆転されると、そのまま9回裏、2点の追い上げもあと1点届かず惜敗。このカードの結果は明日、早大東伏見グラウンドで行われる3回戦に託されることになった。

 

6回表、適時打を放つ柏瀬(コ2)

 

打線は悪くなかった。3回、木村瞭(済4)の左飛から打線が続く。佐々木(社2)、福田(コ4)が失策と四球を誘い、上原(法3)が放った適時打は右中間を鋭く抜けた。さらに二死2塁の好機で、今季不調に苦しんだ主将・木村一(理4)が渾身の本塁打。一挙5点の大量得点に勝利は確定したかに見えた。だが、「今日の課題は気を抜いてしまったこと」と木村一が話すように、この回裏で4失点を許す。6回にも柏瀬(コ2)の二塁打など、打線は好調だったが、守備では失策や投球ミスなど、苦しい状況が続いた。

 

 

3点を追う9回、ナインは最後まであきらめなかった。二死のピンチで柴が二塁手の失策を誘い、二塁へ進む。これをきっかけに上原が二塁打、木村一が中堅に適時打で流れを作る。ここ一番の大事な局面で登場したのは大戸(コ1)。初打席の対慶大1回戦で適時打を放った1年生が、今回も左飛で活躍を見せた。あと1点、しかし1点が遠かった。最後の打者が放った球は遊撃手のグローブに吸い込まれた。

課題は守備。技術ではなく、気持ちのゆるみが問題だったと、試合後のミーティングは1時間近く行われた。全ては明日の試合で勝つために、そしてリーグ優勝という目標を追い続けるために。明日は「5点差で勝つ。無失点にこだわりたい。」(木村一)必ず東大から白星を勝ち取るだろう。

(9月23日 南はるか)



Copyright (C) 立教スポーツ編集部, All Rights Reserved.